グラスを業者に頼まずに自分で直そうとした時に必要な物や
やり方、注意点などを知っておきたいものです。

ガラス修理をする際には扱いも雑ではいけませんし
ガラスによって厚みも異なってくるため、難しいようなイメージもあります。
そんなグラスの修理を自宅で行う方法について紹介していきます。

自宅でガラス修理をする方法

コップの飲み口がほんの少しだけ割れてしまうことはよくあるのではないでしょうか。
ふとした時に割れができて、見た目では気にならないような割れですが、実際に使用していくとなると危険も伴ってきます。

飲み口にできた割れが三角形にとがってしまっている時には、口をケガする可能性も高いので修理をしなければなりません。
そんな時には、ガラスを削る方法で修理していきます。

業者でもガラスはヤスリで磨いて削っていくので、自宅にあるもので代用できるのが
ネイルを磨くときにネイルファイルという薄く長い板状のものです。
素材はいろいろな種類がありますが、ガラスを削る時にはダイヤモンド制が有効です。

更に、ステンレス製のものと合わせたネイルファイルを使用すると
耐久性が非常に高いため、繰り返して長く使用していくことができます。
そして、切れ味もとてもいいのでガラスを削って磨くのにも適しています。

ネイルファイルは、一度だけでなくガラス修理の度に使っていくことができる上
本来の目的であるネイル磨きにも長く使えるため、おすすめです。

やり方としては、水を加えながら少しずつ磨いていきます。
ガラスの白い粉が出てきますので、それを洗い流しながらまた磨いていくと
当初あった角も段々取れてきて滑らかな飲み口に変わってきます。

あまり力を加えて磨いていると他の部分に亀裂やひびが入ってしまうため、優しく丁寧に磨く必要があります。
そして、あまり削り過ぎるとバランスがおかしくなってきて、どんどん削っていかなければならなくなる為
先を見通す意味でもゆっくりと削ることを心がけてください。

また、やっているうちに更なるひびや割れができた時には危険性もありますので
作業を中断して専門の業者に相談してみましょう。